Q&A_個人邸編

2019-11-05

Q. 日当たりが良くないのですが、ガーデニングはできますか。

できます。日が当たらないところならではのお庭をつくることができます。日本の場合、住宅事情などにより、お庭に日光を確保するのは難しいことがあります。すべての植物が日当たりのいい環境を好むわけではありません。日陰を好む植物を選ぶことで、ガーデニングを楽しむことは十分に可能です。それぞれの場所に適した植物を選ぶ、育てることも日陰ならではガーデニングの楽しみです。

 

Q. 夏場の雑草に困っています。

雑草対策の基本は土に太陽の光が当たらないようにすることです。周りに植物が植わっていない場所は、防草シートを敷く、舗装してしまう、という方法があります。一方で、ガーデンの中の雑草は手で抜くしかありませんが、お庭をつくる時点で、植栽の必要なエリア以外は歩道やテラスにするなど土の面積を減らすデザインするなど手間をなるべくかけないようにする方法もあります。

 

Q. 庭の水捌けが悪く、大雨が降ると大変なのですが何か対策はありますか。

それぞれの環境や条件よって対策方法が変わります。まず現場を見させていただき、構造上の問題か土壌の問題かなどを検証したうえで、その土地に合った対策方法で対処可能です。

 

Q. 植物に関すること以外のエクステリア関することにも相談にのってもらえますか。

もちろんです。フェンス、カーポート、門扉、テラスなどの構造物も含めてひとつのお庭です。弊社は、全体的なお庭の空間デザインを考慮して、外構に関するものをご提案させていただきます。

 

Q. いろいろ要望はあるのですが、職人さんに伝えづらいのですが。

弊社は女性スタッフが多く、女性ガーデナー対応するケースも多いです。現場には、男女混成チームでお伺いすることが通常です。一概には言えませんが、女性のコミュニケーションには「感情的共感」が大きな割合を占めているため、女性の方が接客に向いていると言われています。弊社がお庭を担当してから今まで言いづらかったことも相談しやすくなった、というご意見も実際にお客様からいただいています。

 

Q. 設計・デザインだけを依頼できますか。

設計料を頂戴し、設計・デザインだけでも承ります。しかし、イメージ通りに仕上がるかは施工業者さんの技術とセンス次第です。弊社では設計・施工と一貫してご依頼いただく際には、デザイナーが現場の監理をしますので、デザインしたお庭のイメージをより現実化できると思います。

 

Q. 建て替えや引っ越しのときに、庭木も一緒に引っ越しして新しい庭に移植できますか

条件によります。基本的には可能ですが、その木が古ければ古いほど難易度が高くなります。移植に適した時期がありますので、お客様によっては、木の移植時期に合わせて、建て替え・引っ越しを行うこともありますし、建築の時期よりも先行して、移植を行う場合もあります。

 

Q. 植栽した木が枯れた場合はどうなりますか。

弊社が植栽した樹木には、1年間の枯れ保証がつきます。ただし、お客様が適切に管理していたことがわかり、弊社の初期の施工不良であると認められたときに限ります。台風などの自然災害の場合は、双方で協議のうえ決定します。

 

Q. 素敵なお庭をつくっていただいても、自分でお手入れできるか心配です。

お庭をデザインする際に、お客様がどれくらいの頻度でお庭の手入れをされているか聞き取りさせていただきます。お客様のライフスタイルに合わせて、植栽スペースの広さや植える植物の品種を選定します。基本的に、弊社でデザイン・施工したお客様には、継続して弊社へガーデンケアもご依頼いただいています。なぜなら、お庭は竣工した時が完成ではなく、植物が育成した3-4年後がある程度の完成形であるという考えで施工しているため、お客様と共にお手入れをさせていだたきながら作り上げていきます。

 

Q. 効果的な剪定のタイミングを教えてください。

基本的には、落葉樹は休眠時期(冬)、常緑樹は春先もしくは秋ですが、花芽のつく時期によってまちまちです。いずれにしましても、どんな樹種でも毎年1回は剪定することをお勧めしています。

 

Q.  植えて何年も経つのに、一向に花が咲かないのはなぜでしょうか。相談できますか。

お庭のリニューアルや年間管理を弊社にご依頼いただければ、このような質問も随時対応しています。

 

Q. 家庭菜園で今まで強めの化学農薬をまいていたのですが、同じ場所でオーガニック野菜を栽培できますか。

完全にすぐ残留農薬をなくしたい場合は土を入れ替えるという方法があります。徐々に残留を減らしていく方法もあり、有機JAS認定の基準に準拠、土を変えなくても3年程度経過すれば、オーガニックに野菜を育てることも可能です。

 

Q. これまでオーガニックに意識していなかったお庭ですが、これからオーガニックなお庭づくりができますか。

土壌改良しながら3年くらいかけてお庭を改善していけば大丈夫です。弊社にご依頼いただいた段階で、噴霧するもの、資材からすべてがオーガニックになります。今まで化学薬品を頻繁に使っていた場合、植物が弱っている場合が多いので、健全に生育できるようになるまで3年くらいはかかります。

関連記事

カテゴリー: COLUMN
お問い合せ