2017年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、暖冬にはじまり、秋の長雨や11月の雪など、予測を越える不安定な気象に悩まされた一年でした。
業務としては、マンションにおける緑地管理のアドバイザー的な役割や、「里山BONSAI」プロジェクトなど、新たな取り組みも始めることができた年でもありました。

関わらせていただく物件数も増え、私自身が直接手を入れるのではなく、弊社のスタッフや現場のスタッフの皆さんとコミュニケーションを取りつつ、ガーデンを維持管理していくという仕事に、私自身の役割はシフトしつつあります。

しかし、ガーデンとは、本来、ヘッドガーデナーの「人となり」が出るものです。

気象が不安定な中、自分が直接作業をすることができないことを申し訳なく思ったり、想定外に乱れてしまったガーデンを見て、「こんな風になってしまったガーデンを、お客様にどう見られてしまうのだろうか?」と、実は、思い悩んだりした時期もありました。

一方、「ガーデンキュレーター」という役割を提唱して、1年半ほどが過ぎ、多くの方から様々な仕事のご依頼をいただけるようなってきていたり、日本アロマ環境協会様のイベントや、大手食品メーカーの社内研修など、ガーデニングとは関係が薄いと思っていた分野の方からのセミナーのご依頼なども増えてきており、日本人の緑や環境への関心の高まりとともに、弊社のような役割が求められていたのだなということを実感したりもしています。

個人邸よりも緑地面積が広いため、オーガニックに転換することで、より、地域貢献になると考え、一昨年から始めたマンションの緑地管理の仕事に関しても、徐々に件数が増えてきております。この分野に関しては、さらに効率的に良い仕事ができるよう、今年は、体制を整える年にしたいと考えております。

今年も、単に「ガーデンをつくる」というカテゴリーにおさまらない、色々なご要望があるかもしれません。それが、環境や社会に貢献することであれば、応えることのできる会社でありたいし、常に準備を整えておきたいと考えています。
本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

すべての庭をオーガニックに!

株式会社 Q-GARDEN
代表取締役 小島理恵

お問い合せ